使用していると不満点もいろいろと出てくる

持っているPCについて、起動が以前よりも遅くなった、パフォーマンスが遅くなった、持っているものよりも最新のOSが発売された、画面をもっと大きくしたくなったなど、使用していると不満点もいろいろと出てくるものと思わせていただきます。

PCが故障し使用不可になった場合は最大の不満だと思わせていただきますが、この場合は、買い替える時期などを考える余裕もなく、すぐに修理するか新規購入しなければPCは使えない状態です。

故障したPCが、購入後の使用期間が短く、簡単な修理で済ませられる程度で比較的安価にて修理が可能な場合はPCを修理される方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、PCの新型モデルは数か月後に発売されておりますので、故障した時にはすでにそのPCの新型モデルが発売されているという場合も多いのではないでしょうか。

この場合、CPUやHDDなどが高スペックになっていることが考えられますので、買い替えたい気持ちは誰もが出てくるものと思わせていただきます。

高スペックになればなるほど高値になりますが、数年前のPCと同程度のスペックを条件として新しく発売されたPCと旧モデルのPCを比較させていただくと、新しいモデルのほうがコスパがよいものであると考えさせていただきます。

新モデルの発売時期がとても早いPCですので、不満点ができましたら3年後程度の結構早い時期に新規購入したいと考えさせていただくものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です